be worth ~ing (~する価値がある)

() is worth ~ing の形で「()には~する価値がある」という意味になります。~ing になる動詞は、他動詞、または 自動詞 + 前置詞 でその目的語が文の主語と同じでなければいけません。例文をお見せします。

  • The book is worth reading.
    その本は読む価値がある
  • This music is worth listening to.
    この音楽には聞く価値がある
  • The movie is worth watching.
    この映画は見る価値がある

では「()には~する価値がない」は () is not worth ~ing になりますね。使い方は同じです。

  • The book is not worth reading.
    その本は読む価値がない
  • This music is not worth listening to.
    この音楽には聞く価値がない
  • The movie is not worth watching.
    この映画は見る価値がない

It’s worth (名詞代名詞) とか It’s not worth (名詞代名詞)の形で表現してもOKです!

  • It’s worth 500 dollars.
    500ドルの価値がある。
  • It’s worth going.
    行く価値がある。
  • It’s not worth the hassle.
    そんな面倒臭いことをする価値はない。
  • It’s not worth worrying about.
    心配してもしょうがない。
It’s not worth my while (割に合わない)

my while は「私の時間」「私の努力」のような意味で使っています。それで、It’s not worth my while は「割に合わない」と言う意味になり It’s worth my while は「割りに合う」と言う意味になりますね。It の代わりに別の名詞動名詞を置き換えたり It’s (not) worth my while の最後に「to 動詞」又は「動詞 ~ing」を続けたりです。my の代わりに他の代名詞を使いてもOKです。

  • This job isn’t worth my while.
    この仕事は割に合わない。
  • It’s not worth my while to do this job.
    この仕事は割に合わない。
  • Is the job worth your while?
    この仕事は割りに合うか。
  • Attending the conference is worth our while.
    そのカンファレンスに出席するのは割りに合う。
  • It’s worth our while attending the conference.
    そのカンファレンスに出席するのは割りに合う。
  • Is attending the conference worth our while?
    そのカンファレンスに出席するのは割に割りに合うか?