パターン:I am going to … ; going to と will の違い [初級]

I am going to と言うパターンも「~するよ」「~するつもりだ」「~しそう」を意味します。意味と使い方は will とよく似ていますが、I am going to 既に確定している未来予定を表す時に使います。will不確定な未来予測を表す時に使います。

このパターンを使う時は、既に未来にすることを決めているという状況で使用します。それでも、使い方と意味は I will とよく似ています。

  • I will study English tonight.
    今夜は英語を勉強します
  • I am going to study English tonight.
    今夜は英語を勉強します

I will study English tonight は、英語を勉強することを前々から決めていたわけではなくその場でパッと決めたことになります。I am going to study English は、その時点では既に勉強をするという予定計画を立てていたことになります。そんな違いがあります。going to の形は「主語be 動詞going to動詞の原形」などのパターンで使われて、後ろに「目的語場所時間」を付けても OK です。be 動詞主語によって変わります。

  • I am going to go to Tokyo next week.
    私来週東京に行きます。
  • We are going to teach an English class.
    私たちは5授業を教えるつもりです。
  • I’m going to eat sushi for lunch today.
    今日の昼は、寿司にします。
  • He is going to come back at 3PM.
    彼は午後3時に帰ってきます。
  • They are going to take the entrance exam for graduate school.
    彼らは大学院受験をします。
  • It is going to be hard.
    大変なことになりそう。
  • It’s going to rain tomorrow.
    明日は雨だ。

be going to go to (場所)」の代わりに「be going to (場所)」と言うパターンを使いても OK です。例えば, “I am going to go to Tokyo” > “I am going to Tokyo“、どちらでも OK です。では、be going to の疑問形を教えします。

Are you going to … ?

Are you going to (動詞の原形)? のパターンは「(未来に)~しますか?」「~するつもりですか?」という意味です。I am going の疑問形ですね。be 動詞主語によって変わります。Is it going to be (…)? のパターンは「~になりますか?」という意味です。いくつかの例文をお見せします。

  • Are we going to study English tonight?
    今夜は私たちが英語を勉強しますか?
  • Are you going to go Tokyo next week?
    来週は東京に行きますか?
  • Is he going to eat dinner with us?
    彼は私達と一緒にご飯を食べますか?
  • Is she going to work tomorrow?
    彼女は明日に働きますか?
  • Is it going to be hard?
    大変なことになりそうですか?
  • Is it going to rain tomorrow?
    明日は雨ですか?