パターン:命令文 – Do … ; Don’t … ; Please … [中級]

今回は命令文の使い方をお伝えします。命令文とは、相手に「~しなさい」と命令するだけではなく、「~するな」「~してください」「~しましょう」などの禁止指示依頼提案などをする際に用いられる文法のパターンです。「~しなさい」という命令文は,You (主語) を省略して「動詞の原形」が文の初めに来ます。

  • You close the door. > Close the door.
    あなたはドアを閉めます > ドアを閉めなさい
  • You be careful. > Be careful.
    あなたは気を付けます > 気をつけて
  • You come here. > Come here.
    あなたはここに来ます > ここに来なさい

主語を省略して,動詞の原形文の初めに来ますね。では、いくつかの例文を見せします。

  • Be kind!
    親切にしなさい
  • Help me.
    助けてくれ
  • Go to school!
    学校に行け!
  • Stand up.
    立って
  • Tell me the answer.
    答えを教えて。
  • Be careful going home.
    お帰る時に気を付けて

では、否定形を教えします。否定形の命令文Don’t + (動詞の原形) となり「 ~してはいけません」「~しないで」という意味になります。後ろには目的語前置詞 + 場所/時間 などが来ます。

  • Don’t worry!
    心配しないで
  • Don’t overdo it.
    無理しないで。
  • Don’t be sad.
    悲しまないで
  • Don’t be in a hurry.
    焦らないで
  • Don’t go there.
    あそこに行かないで
  • Don’t talk here.
    ここで話してはいけません。

Never を使いて Never + (動詞の原形) で「決してしてはいけません」と、より強い否定の命令文にすることができます。使い方をお見せします。

  • Never do that again.
    二度とそんなことはしないで
  • Never give up.
    決してあきらめるな
  • Never say that again.
    二度とそんなこと言わないで
  • Never mind.
    気にしないで
命令文とPlease

では、丁寧な命令文の作り方をお伝えします。命令形の文において please を文頭に置くことで「~しなさい」から「~してください」という意味になります。例文をお見せします。文末に来る場合もありますが、文頭に来ることが一番多いです。

  • Please tell me the answer.
    答えを教えてください。
  • Please show me.
    見せてください.
  • Please don’t worry.
    心配しないでください
  • Please help me.
    助けてください。
  • Please don’t talk on the train.
    電車で話しないでください。
  • Please don’t overdo it.
    無理しないでください。
  • Please be careful going home.
    お帰る時に気を付けてください