Time 1:英語で時間の表し方

Good morning! Good Afternoon! Good Evening! こんな日常的な表現を知ってるでしょう?今回のレッスンでは、などの一日の時間の名称時間の表し方をお伝えします。最初は一日の時間の名称を教えします!

時間にまつわる英単語

最初は今日昨日明日の言い方をお見せします。

  • today
    今日
  • tomorrow
    明日
  • yesterday
    昨日

この3つの単語は前置詞なしで使われて、名詞としても使うことができます。

  • I have to run some errands today.
    私は今日いくつか用事をすませないといけない。
  • I worked all day yesterday.
    昨日は一日中ずっと働いた。
  • I will go to Fukuoka tomorrow.
    明日は福岡に行きます。
  • Today was a wonderful day!
    今日は素晴らしい一日でした。
  • Yesterday was really exhausting.
    昨日は本当に大変でした。
  • Tomorrow will be rainy all day.
    明日は一日中雨です。

これらの単語が時間として使われる場合には文の後ろに来ますが、時間が強調されてる場合には文の最初に来ます。

Example 1
I saw a movie with my friend yesterday.
僕は昨日友達と映画を見た。
Yesterday I saw a movie with my friend.
昨日は友達と映画を見た。

Example 2
I’m going to Sapporo tomorrow.
僕は明日札幌に行く。
Tomorrow I’m going to Sapporo.
明日は札幌に行く。

次は「明後日」と「一昨日」の言い方をお教えします。

  • the day after tomorrow
    明後日
    the day before yesterday
    一昨日

day は「」という意味でしょう?それで、この二つの表現を日本語に直訳すると「明日の次の日 (the day after tomorrow)」と「昨日の前日 (the day before yesterday)」になります。この二つの表現は todayyesterdaytomorrow同じように前置詞がなしで使えますが、前置詞を使っても OK です。日常会話には、前置詞と一緒に使われる場合があるし、前置詞がなしで使われる場合もあるんですが、どっちでもOKです。とにかく、意味は同じです。

  • I have to go back to Tokyo the day after tomorrow.
    私は明後日東京に帰らなくてはならない。
    I have to go back to Tokyo on the day after tomorrow.
    私は明後日東京に帰らなくてはならない。
  • The movie came out the day before yesterday.
    映画は一昨日公開された。
    I arrived in Japan on the day before yesterday.
    私はおととい日本に到着しました。
一日の時間帯 (Times of the Day)

次は などの一日の時間の名称をお伝えします。

  • morning
  • afternoon
    午後
    evening
    夕方
  • night

この四つの単語は日常会話でよく使われますから、よく練習した方がいいだと思います。日本語の「〜」は 英語で inaton によく翻訳されますが、morningafternoonevening の場合は前置詞 in が使われます。この三つの単語は 冠詞 the と一緒に使われますが、nighttheなしで使われますし、前置詞 at と一緒使われます。

  • in the morning
    朝に
  • in the afternoon
    午後に
    in the evening
    夕方に
  • at night
    夜に

上記のパターンは誰かが何かをする時間を表すために使われます。これらのパターンは特に習慣的な行動を表す現在形と一緒に使われます。例文をお見せします。

  • He often drinks coffee in the morning.
    彼は朝によくコーヒーを飲みます。
  • I sometimes go to the library in the afternoon.
    私は時々午後に図書館に行きます。
  • He always gets home at 6 o’clock in the evening.
    彼はいつも午後6時帰宅する。
  • I have trouble sleeping at night.
    夜にはうまく寝られない

yesterdaytomorrowmorningafternooneveningnight の前に付けると、形容詞として使えますが、today形容詞として使うことができませんtoday の代わりに this を使います。

  • yesterday morning
    昨日の朝
  • this afternoon
    今日の午後
  • tomorrow evening
    明日の夜

today morning は間違ってますね。「今日」を形容詞として使う時は、today の代わりに this morningthis afternoonthis evening を使います。これらの形容詞は morningafternooneveningnight と一緒に使う時は、前置詞が使われません。いくつかの例文をご覧ください。

  • I’m going to eat breakfast with my friend tomorrow morning.
    僕は明日の朝に友達と一緒に朝ごはんを食べる予定です。
  • I saw a movie with my friend yesterday evening.
    昨日の夕方には友達と一緒に映画を見た。
  • I went to Starbucks this morning.
    今日の朝にはスタバーに行った。

tomorrownight と一緒に使われますが、「昨夜」と「今夜」の言い方は少し違います。

  • last night
    昨夜
  • tonight
    今夜
  • tomorrow night
    明日の夜

これらの形容詞が night と一緒に使われている場合にも、前置詞が使われません。では、例文をお見せします。

  • I ate dinner with my friend last night.
    僕は昨夜友達とご飯を食べた。
  • I will go to Tokyo tonight.
    今夜は東京に行きます。
  • Do you have any plans tomorrow night?
    明日の夜は何か予定があるの?

もちろん、この四つの単語は名詞としても使うことができます。名詞として使われる場合には、これれの単語主語目的語補語として使われます。前置詞が使われませんが、文によって athe~s を付けて表現します。例えば「朝の時間が好きだ」って言う時は I like mornings と言います。

  • I like quiet mornings.
    私は静かなが好きだ。
  • I don’t like mornings.
    私はが苦手です。
  • I work nights.
    私は夜間に働きます。
  • We don’t have classes on Saturday afternoons.
    土曜の午後には授業がない。

毎日の朝の時間が好きですから、複数形を表す ~s を付けて表現しますね。特定の朝なら the morning、一般的な朝とかある朝なら a morning と言います。例えば「素晴らしい朝ですね」と言う時は It’s a beautiful morning と言いますけど、「あの朝は素晴らしかった」と言う時は The morning was beautiful とか That morning was beautiful と言います。

  • Did you have a good evening?
    昨晩はよく休めました?
  • We had a very productive afternoon.
    とても充実した午後となりました。
    The afternoon was really busy.
    午後はとても忙しかったです。
  • That night was so fun.
    あの夜は楽しかった。

一日の時間」にまつわる単語には、他にもあります。これらの三つの単語もよく使われます。

  • noon
    正午
  • midnight
    真夜中
  • dawn
    明け方

使い方は night と同じです。時間として使う時は 前置詞 at を使います。名詞として使われる時は 冠詞 (a, an, the) が使われません。

  • I left the house at noon.
    正午に自宅を出た。
  • Wow, it’s already midnight.
    うわぁ、もう真夜中だ。
  • We had to get up at dawn.
    私たちは夜明けにおきなければならなかった。
時間の表し方 (Telling Time)

What time is it? は「何時ですか?」と言う意味でしょう?では、今は時間の表し方をお伝えします。

  • o’clock
    〜時

o’clock は、きっかりの時刻にのみ使い、例えば 12:00twelve o’clock と言いますが、12:01 には使いません。

  • It’s two o’clock.
    2時です。
  • Let’s meet at three o’clock.
    3時に会いましょう。
  • I work every day from nine o’clock to five o’clock.
    私は毎日9時から5時まで働きます。

日本語の場合には数字の後ろに「〜」と「〜」と言いますが、きっかりの時刻ではない場合には o’clock を付けてないで、数字だけ言います。

  • It’s 1:01 (one-oh-one).
    1時1分です。
  • It’s 2:15 (two fifteen).
    2時15分です。
  • I have to leave for work by 8:45 (eight forty-five).
    8時45分まで仕事に行かなきゃいけない。
  • I arrived in Tokyo at 5:05 (five oh-five).
    僕は5時5分に東京へ着いた。
  • The plane will depart at 3:25 (three twenty-five).
    飛行機は3時25分に出発します。

一般的には「〜時1分」から「〜時9分」までは oh-one (01)、oh-two (02)、oh-three (03) と同じように表現されます。一般的には 0zero と発音されますが、時間を表す時0oh と発音されます。

  • It’s 7:05 (seven oh-five).
    7時5分です。
  • It’s 9:02 (nine oh-two).
    9時2分です。
  • It’s 12:09 (twelve oh-nine).
    12時9分です。
  • It’s 3:07 (three oh-seven).
    3時7分です。

アメリカ式英語では quarter が「15分」の意味で使われます。quarter は 特に 前置詞 before () と after (過ぎ) と一緒に使われます。

  • a quarter before
    〜時15分前
  • a quarter until
    〜時まで15分
  • a quarter to
    〜時まで15分
  • a quarter after
    〜時15分過ぎ
  • a quarter past
    〜時15分過ぎ

beforeuntilto は「」とか「まで」と言う意味で使われますから、a quarter before eight は「8時15分前」、つまり「7時45分」と言う意味になります。pastafter は「過ぎ」と言う意味で使われます。quarter (15分) の代わりに half (30分) や数字だけを付けて表現しても OK です。例えば five until ten は「10時まで5分」、つまり「9時55分」と言う意味になり、twenty to twelve は「12時まで20分」、つまり「11時40分」と言う意味になります。日常会話では until の代わりに til と言う短縮形もよく使われます。では、会話の練習してみましょうか?

Example 1
Excuse me, what time is it now?
すみません、今は何時ですか?
It’s half past twelve.
今は12時30分です。

Example 2
What time does class start?
授業は何時に始まりますか?
It starts at a quarter til ten.
9時45分に始まります。

Example 3
What time do you get off work?
仕事は何時に終わりますか?
At about five past six.
6時5分ぐらい。

Example 4
What time shall we meet tomorrow?
明日何時に会おうか?
How about a quarter past five?
5時15分はどう?

Example 5
When did you get home?
何時に帰ったの?
I came back at around fifteen after six.
6時15分ぐらい帰った。

次の例もご覧ください。

数字正確な表現日常的な表現
1:00It's one o'clock.It's one.
1:10It's one ten.It's ten past one.
1:20It's one twenty.It's twenty past one.
1:40It's one forty.It's twenty 'til two.
1:50It's one fifty.It's ten 'til two.

次は 時間 の言い方をお見せします。

  • second(s)
  • minute(s)
  • hour(s)
    時間

これらの単語は次のパターンでよく使われます。

  • insecondsminuteshours
    〜後に
    secondsminuteshours ago
    〜前
  • forsecondsminuteshours
    〜間

in は「〜後に」「〜』と言う意味で使われます。in は「〜以内で」と言う意味でも使われますが、within (以内) はもっとよく使われます。

  • I will leave in 45 minutes.
    45分後に出かけます。
  • The bus will arrive in 5 minutes.
    あと5分でバスが来ます。
  • We’ll be done in about an hour.
    あと1時間くらいで終わります。
  • I think we will get there within 10 minutes.
    10分以内に着くと思います。
    The bus should arrive within 10 minutes.
    バスは10分以内に着くはずだ。

ago は「」と言う意味です。例えば 20 minutes ago は「20分前」と言う意味になります。

  • It ended 20 minutes ago.
    20前に終わりました。
  • The bus departed 5 minutes ago.
    バスは5分前に出発しました。
  • I arrived about an hour ago.
    私は一時間前に到着しました。

for は「〜」と言う意味で、ある期間何かをずっとしていることを表すために使われます。例えば、for 30 minutes は「30分間」と言う意味になります。

  • I have been studying for 2 hours.
    私は2時間勉強しています。
  • I worked for 5 hours today.
    彼は5時間つづけて働いた。
  • I study English for 20 minutes everyday.
    僕は毎日20分間英語を勉強します。